ネイリストになるには、ネイルサロンなどで雇用されてスタッフとして働くか、独立開業するという方法があります。美容師などと違い、取得しなければなれない資格というものはありません。
しかし、プロとして通用するだけのネイル知識と技術がなければ、ネイルサロンに採用されるのも、開業して成功することも難しいと言えます。
そこで多くの人が専門学校やネイルスクールなどに通い、知識と技術を習得します。また習得した証としてネイル資格を取得しています。
ネイルスクールではネイルのみに特化して学びます。専門学校は、ネイルのみの学科を置いているところもありますが、数は多くありません。ほとんどの学校で、美容科やトータルビューティ科、ブライダル科などで美容師課程やメイク、ヘアアレンジ、ブライダルスタイリストなどを目指す中でネイルを学ぶかたちになります。

ネイルをみっちり学ぶか、関連分野も学ぶか

将来はネイルの仕事しか考えていないという場合は、ネイル学科のある学校に進学し、2年間みっちり学ぶといいでしょう。ただし、ネイル専門の学科を置いている学校は少ないため、通学できる範囲にないかもしれません。
美容関連の他の仕事にも興味があるという場合は、美容学科やトータルビューティ科のある学校に進学し、幅広く関連分野を学ぶことをおすすめします。美容学科に進学して美容師の受験資格を得て、国家試験を受けて美容師免許を取得したり、トータルビューティ科で学びメイクアップアーティストやエステティシャンなどの知識と技術を身に着けたりと、ネイル以外の専門知識と技術のあるネイリストは、就職先の選択肢が広がりますし、仕事の幅も大きく広がります。
どの学科に進むかは、カリキュラムをよく比較検討して慎重に選びましょう。

取得しておくといいネイル関連資格

ネイルの仕事に就くなら、ネイル資格も取得しておきましょう。資格にはいくつか種類がありますが、最もよく知られているのはJNEC主催のネイリスト技能検定試験です。1級から3級までありますが、プロを目指すなら1級、最低でも2級を取得する必要があります。2級はプロとしてサロンワークができるレベルとされ、多くのネイルサロンでも2級以上を取得していることが求人の応募条件となっています。
最近のネイルサロンの主流はジェルネイルのため、JNAジェルネイル検定も取得しておくことが望ましいと言えます。初級から上級までありますが、中級以上を目指すといいでしょう。
いずれ独立開業を目指している場合は、JNAネイルサロン衛生管理士も取得しておくといい資格です。
学校を選ぶときは、これらの資格取得に対応しているかどうかも目安にするといいでしょう。