ネイリストコースのある専門学校とネイルスクール

お洒落に敏感な女性の間で大人気のネイル。セルフネイルを楽しみたい人も、プロとしてネイルの仕事をしたい人も、知識と技術を深めるためには学校やスクールで学ぶことが欠かせません。通信教育や独学という手段もありますが、技術の習得には、本物を目のあたりにし、直接指導を受けることがもっとも効率的で確実な方法です。現場で役立つちょっとしたコツなどを知ることができるのも、講師に直接指導を受けるからこそ。そのため、本気で学びたいなら学校で学ぶことが望ましいと言えます。
ネイルを学ぶ場所は、大きく専門学校とネイルスクールのふたつにわけることができます。前者は学校教育法で定められた、専門課程がある専修学校のこと。修業年数や事業時間などに条件があります。より深く専門について学べます。
ネイルスクールは、民間企業が開講している無認可校で、時間数も規模も回数もさまざまな設定があります。時間や予算の都合、趣味程度でいいなど学びたいレベルに合わせて内容を選ぶことができます。

美容分野を幅広く学ぶ場合もあるネイル専門学校

それではネイルの専門学校にはどのようなものがあるでしょうか。
2年間ネイルのみに特化して学ぶネイルコースを設けているところは数多くありません。総合美容科やトータルビューティ科といった名称の学科で、ヘアメイクやエステなど美容に関する他の分野とあわせてネイルを学ぶというのが一般的です。学校によりカリキュラムは異なり、1年間は美容全般について基礎を学び、2年目にコース選択ができてネイルについてしっかり学べるところもあれば、ネイルは一科目としての扱いで、しっかり掘り下げて学べないところもあります。美容全般についての知識があればネイルの仕事を始めた時にプラスになりますが、ネイリストを目指す以上はネイル関連の授業がたくさんあるところを選ぶといいでしょう。

ネイルについて掘り下げて学ぶネイルスクール

ネイルスクールは、夜間や土曜日など、社会人や主婦でも通いやすい時間帯に開講していることが一般的です。都合のいい時間帯のレッスンを予約して受講するタイプが主流ですが、毎週決まった曜日の決まった時間に受講するところもあります。自分にあった通い方ができるのがスクールの特徴のひとつといえるでしょう。
また、ネイルスクールはセルフネイルを楽しみたい人向けの数時間のコースから、サロンで働きたい人、独立開業まで視野を入れている人向けのコースまで、レッスンコースの内容もさまざまです。
レッスン内容はネイルに特化していますので、より深くネイルについて学ぶことができます。ネイリストコースではサロンワークのレッスンが充実していたり、ネイリストとして働く際に役立つ実践的な内容が学べます。卒業後は提携サロンへの紹介やあっせんをするなど、就職支援体制が整っているところもたくさんあります。

首都圏を中心に求人件数が3千件以上の幅広い種類の就職先と、一人ひとりの個性に合わせた就職をサポート。 美容師は、メイクや着付けを行うサロンも増えているため求められる技術の幅が広がっています。 メンズエステの流行など、エステ業界は近年、大きな変化が起こっています。 美容師免許は、美容師養成施設を卒業後、筆記と実技試験を合格しなくては取得できません。 美容師国家資格を取得することができます。 ネイリスト育成コースがあるおすすめ専門学校